くしゃみとおじゃらば 花粉症サプリ

マスクの意味

花粉症=マスクというイメージがありますが、マスクは効果があるのでしょうか?
マスクの外装に見かける「99%カット」という表現。
インフルエンザなどのウィルスの大きさは0.1μm
花粉症の原因である花粉の大きさは、
スギ花粉の大きさは20μm~40μm
ヒノキ花粉は30μm~40μm。
つまり、花粉は、ウィルスより200倍も大きいということになりますね。
マスクのフィルターはウィルスを「99%カット」を目的にしている物が多く、
ということは、ウィルスよりも大きな花粉はしっかりとガードしてくれることがわかります。

 

マスクは正しくつける!

ただ、マスクをしていても間違ったつけ方をしていては全く意味がなくなってしまいます。
ただマスクを顔に乗せているだけの状態では、凹凸のある頬・あご・鼻の皮膚とマスクには隙間ができてしまい、花粉が入り込みます。
マスクと皮膚に隙間が開いていない状態でマスクは使いましょう。

 

マスクのサイズは、しっかり合わせる

ついつい、顔の大きなお父さんも顔の小さなお母さんも同じ大きさのマスクを共有している場合が多いのではないでしょうか?
マスクにもサイズがあります。今一度、確認してみるとよいかもしれませんね。

 

マスクのプリーツはしっかりと広げる

マスクのプリーツを広げないでしていると、ただ顔にマスクを乗せているだけという状態になってしまいます。
これでは、せっかくのマスクも効果がなくなってしまいます。
プリーツをしっかりと広げて、ノーズピースを鼻の形に合わせ、あごの下までしっかりと伸ばしてしようしましょう。