くしゃみとおじゃらば 花粉症サプリ

じゃばら

じゃばらとは、ユズやダイダイ、カボスの仲間の柑橘類です。
和歌山県北山村で生産されています。
江戸時代から分布していたゆずと九年母(くねんぼ)、 紀州みかんなどの自然交配種で、世界でもここにしか自生していなかったため、珍しく幻の果物とも言われていました。
じゃばらという名称は、「邪気を払う」ほどに酸っぱいことから名付けられたとのことです。
じゃばらは、ビタミンA とCの他に、カロチンなどが含まれています。
また、赤ワインで有名なフラボノイドの中で、 ナリルチンという成分が豊富に含まれています。

ナリルチン

じゃばらに多く含まれる、フラボノイド成分「ナリルチン」にアレルギー抑制効果があると言われています。
このナリルチンは他の柑橘類にも含まれていますが、じゃばらの含有量は群を抜いています。
花粉症を始め、アトピー性皮膚炎や、アレルギー性気管支喘息などのⅠ型アレルギーに分類されるアレルギーすべてに対して、効果があると言われています。

 

じゃばらの花粉症効果は、研究・臨床試験により、その効果が実証されているものです。